2005年08月31日

<直接対決第1R オリックス対西武 結果>の思考

西武が8対1でオリックスを下しました。
最終的には大差がつきましたが、
松坂投手と川越投手の投げ合いは見応えありました。
結果論と分かりつつ書きますが、
オリックス&川越投手にとって、
7回先頭のカブレラの振り逃げが痛かったですね。
完璧な投球で三振を取ったはずがノーアウトのランナーになり、
かなり気落ちしたと思うんです。
その結果、次打者の和田選手に2ボールにしてしまい、
3球目をセンター前にクリーンヒット。
表情は崩してなかったですが、動揺してたでしょう。
その結果、次打者の石井選手の送りバントを内野安打にしてしまい、
さらに傷口を広げてしまいました。

1アウト2,3塁ノ−アウト満塁では、
ピッチャーにかかるプレッシャーは全く違います。
特に同点の終盤、1点も上げられない場面ですので尚更です。

次打者は中島選手、その次が細川選手ですので、
中島選手を打ち取れば、無失点で乗り切れるチャンスが。
(細川選手のファンのみなさま、スミマセン!)

1アウト2,3塁ならば、最悪フォアボールでも良しと
厳しいコースで勝負でき、打ち取れる確率は高くなるし、
もし歩かせても1アウト満塁で細川選手なら、
ゲッツーで切り抜けられる可能性も残します。
(細川選手のファンのみなさま、ホントにスミマセン!!)

しかしノ−アウト満塁だと、押し出しの四死球を避けるために
その気持ちの分だけ甘くなってしまい、打たれる確率が
高くなってしまうんです。

以上、結果論でした。

結局のところは
石井選手がバントを絶妙なところに転がしたのと、
低めの変化球を上手く打った中島選手がスゴイんですけどね。

松坂投手も2回から少しずつ力みが取れて、137球の完投勝利、
西武は7月18日以来の3位に浮上。
逆にオリックスは5連敗で4位に転落です。

お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします
  ↓ ↓ ↓ 
人気blogランキング

<直接対決第1R オリックス対西武>の思考

プレーオフ進出を狙う3球団の残り試合数、 
<オリックス 20試合 西武 18試合 日本ハム 19試合>
現在の2位と3位の直接対決のオリックス対西武戦を見ています。
阪神対中日も熱いですがコチラも熱い。スタンドは寂しいですが。
この2チームの対戦成績は、オリックスが9勝7敗と勝ち越しています。
西武の先発は松坂投手、初回から150キロを超えるストレート、
チェンジアップも良さそう。ただ「ストレートが高いのが気になるなぁ。」
と思ってたら、後藤、ガルシア、北川の3連打で先制点を奪われました。
低めのチェンジアップを見事に打ったガルシア、
この辺はチェンジアップの本場「メジャー」でやってただけの事はありますね。
初回を3人で簡単に片付けたオリックスの川越投手、
「先制した後、しっかり抑えたら流れはオリックスに行くなぁ。」
なんて思ってたら、カブレラに一発を食らってしまいました。
これで、どっちに転ぶか分からなくなりましたね。
この後、松坂投手のストレートが低めに決まるかどうかが鍵ですね。
勝利の女神はどちらに微笑むんでしょうか?

お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします
  ↓ ↓ ↓ 
人気blogランキング

2005年08月30日

<東北楽天ゴールデンイーグルス最下位決定>の思考

楽天の今季最下位が決定しました。
118試合 33勝84敗1分 勝率.282    (8月29日現在)
主な部門の成績を見てみると、
< 楽天 >            <5位チーム>
得点 421(6位)     472   オリックス  
失点 712(6位)     582    西武    
打率 .249(6位)     .260   日本ハム 
本塁打 76(6位)      88   オリックス
防御率 5.67(6位)   4.49   オリックス

防御率、失点(5位西武と130点差!)が飛びぬけて悪いですね。
本塁打はトップのソフトバンク(147本)の約半分です。
打率は楽天と1分差の日本ハムなんですが、得点は544点も取っています。これなんかは、本塁打の差でしょうね。(日本ハム144本)

しかし、後半戦の戦い(相変わらず大型連敗はしてますけどね)を見ながら、来季を楽しみにしてる私がいます。
有銘投手、一場投手が化けそうな気がするんですよね。
岩隈投手+二人で3本柱完成!
そして外国人投手が活躍すれば、、、、。
大砲助っ人のうち一人でも活躍すれば、、、、。

結局のところ、外国人選手次第なんですよね。
ラス3勝、ホッジス2勝、
ロペス.221 10発45打点、トレーシー.209 6発15打点
では、どうしようもありません。
今オフはお金をかけるそうなんですが、高いからといって働くとは限らないのが外国人選手なので、予測のつかない選手を獲るよりも
「巨人退団濃厚のローズなんか獲ったらイイのになぁ」と
思ったりします。今年の不調はモチベーションの問題でしょう。
人気者ですし、それに元近鉄です!
ちなみに推定年俸 5億5千万円だそうです。高ッ!!

お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします
  ↓ ↓ ↓ 
人気blogランキング

2005年08月28日

<田尾監督と若松監督>の思考

昨日の西口投手(西武)の快投、
「9回完全も10回に安打、そしてサヨナラ勝ち」は
多くの人々の記憶に残ることでしょう。
とともに、一場投手のピッチングを私は忘れないでしょう。
9回を5安打無失点、178球の熱投
田尾監督のコメント
「負けはしましたが、楽天にとって記念すべき日になりました。
『完全試合』の西口と対等に投げたんですから。来季に向けて
1人の先発投手が誕生した。私はそっちのほうがうれしいですね」
いいですねぇ、田尾さん!来季も田尾さんで行きましょうよ、楽天さん。

一方、若松さん
「若松監督“非情”のバント指令…青木の連続試合安打ストップ」などと
マヌケなことを書いてる新聞は無視しましょう。
「八回、1点を追う無死一塁で送りバントのサイン」は当然の采配ですね。
そこでイイ人、若松さん
犠打を決めベンチに戻った青木選手に、わざわざ若松さんから近寄って
言葉をかけていました。
さらに、試合後インタビューを受けている青木選手の後ろを
「ゴメンな。」と声をかけ通っていった若松さん。
なんて、イイ人なんだ!
口下手なことを理由に夫人を同伴で入団発表に臨んだ若松さん。
優勝インタヴューで「ファンの皆様、本当におめでとうございます」と
言っちゃった若松さん。
スゴイ選手なんですよ。

歴代の連続試合安打記録はコチラで確認できます。

お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします
  ↓ ↓ ↓ 
人気blogランキング

2005年08月26日

<上田さんと福本さんの解説>の思考

阪神VS巨人を見ながら書いてます。
関西ローカルのサンTVの解説は、
上田利治さんと福本豊さんのお二人。
阪急黄金時代の監督と切り込み隊長ですね。
上田さん、いつも通りの優しい口調で冷静な解説ですね。
福本さん、ぶっきらぼうな口調ですが、選手への愛が感じられます。
「地味なプレーもキチンと評価し、凡ミスには厳しく」
やたら褒めまくったり、逆に否定ばかりする解説者サン達よ、
二人を見習いなさい!

福本さんのスゴサはコチラ

お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします
  ↓ ↓ ↓ 
人気blogランキング

2005年08月25日

<「思考回路全開宣言 野球篇」>の思考 

今までは、こちら→「思考回路全開宣言」
音楽と野球の記事をゴチャマゼにしていましたが、
悩んだ末に、思い切って分ける事にしました。
こちらのタイトルは「思考回路全開宣言 野球篇」です。

以前の記事は「思考回路全開宣言」の
<カテゴリー:野球>で御覧になれますので、
よろしければ、覘いてやって下さい。

左右のエース、二本柱で頑張っていきますので、
よろしくお願いします。
posted by コブラスマイルス at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに&以前の記事はコチラから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。