2005年09月12日

<R.ジョンソン快投>の思考

「3戦目はランディ・ジョンソンに頑張ってもらうしかない」
私の願いが通じたのか
ジョンソンが7回を1安打無失点の完璧なピッチング。
ゲーム差は3ゲームに戻りました。
ジョンソンの気合、スゴかったですねぇ。
7回はバランス崩すくらい力入ってました。
トーリ監督の談話、
「これ以上というものはないくらい完ぺきなピッチングだった。
本当に申し分なかった。打線が援護できなかったが、
それでもやり遂げてくれた。まさに大投手の真骨頂だね」

しかし、
リベラ投手はレッドソックス戦になると不安定になりますね。
昨年痛い目にあってるので、慎重になるのはわかりますが、
きわどいコースを狙いボールが先行、
粘られて四球、若しくはボールが甘くなり痛打のパターン

今日は何とかしのぎましたが、不安が残ります。

次は、前回1勝2敗と負け越した苦手デビルレイズとの敵地3連戦、
息をつく暇はありません。

“インディアンス、17安打の猛攻で7連勝”
勢いが止まりませんね。ゲーム差1.5のままです。

お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします
  ↓ ↓ ↓ 
人気blogランキング
posted by コブラスマイルス at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。